ホワイトニングには大きく分けてホームホワイトニングと、今注目の審美歯科で行うポリリンホワイトニングがあります。特に最近一般歯科でも勧めてくれるのがホームホワイトです。一般歯科でマウスピースを作ってもらい、ホワイトニングジェルを処方してもらって睡眠中に使います。審美歯科では最近人気がある方法がポリリンホワイトニングです。この二つの難点はどのようなことがあるのでしょう。

ホームホワイトニングは毎日行うことで、だんだん白くなっていくため、満足のいく白さになるまで時間がかかってしまいます。平均的な歯の色の人でも、白くなるのに数週間から2カ月程度と考えておきましょう。また毎日日中に2時間マウスピースを付けておくことが必要になります。もちろんその間は食事も水分補給もできません。

またポリリンホワイトニングに使う薬剤の約5分の1から10分の1しか使われていないため、効果もそれだけ低くなりますが滲みることも少ないと言われています。しかし実は歯がすり減った部分や虫歯があると、低濃度薬品でも相当滲みてしまうことも。

もちろんポリリンホワイトニングにも難点があります。まず、まだすべての審美歯科で行われていないこと。また重度の歯周病の場合、逆にシミが出てしまうというデメリットがあります。価格的にもホームホワイトニングより料金的には高くなります。

Published by admin